商品・サービス

市販の野菜ジュースとベジピアのジュースの5つの違い【新鮮さと効果が違います】

投稿日:

ベジピアの生搾りジュースと、市販の野菜ジュースは何が違うの?

と思いますよね。

いたって純粋な疑問です。

 

ベジピアは“本物志向”という想いを大切にしています。

本物志向で作られた正真正銘の「生搾りジュース」について、市販の野菜ジュースと比べながら違いをお伝えします。

 

コンビニやスーパーで売られているジュースとの違い

 

市販のジュースは加熱処理され、栄養が失われた清涼飲料水

コンビニやスーパーで売られているジュースは、清涼飲料水というカテゴリーに分類されます。

清涼飲料水とは全て加熱処理を行い、菌やカビを0%にすることが義務付けられています。 

 

清涼飲料水は安全でとても衛生的ですが、加熱処理を施すことで酵素やビタミンの効力が失われてしまいます。

 

特に、酵素は42度で失活するといわれてるため、ほとんど失われてしまいます。

 

 

 

ベジピアのジュースは加熱処理しないから栄養たっぷり

一方、ベジピアのジュースは衛生的であることはもちろん、加熱処理しないため生の新鮮な酵素やビタミンがたっぷり含まれているのです。

 

 

駅中にあるジュースバーとの違い

駅中ジュースバーの3つの惜しいポイント

①ミキサーを使っているから、せっかくの栄養価が失われている

 

駅中のジュースバーで使われているジュースを搾る機械は90%以上がミキサーです。

ミキサーを使用すると、野菜や果物に含まれる栄養分が傷つけられ、効力が弱まります。

 

­②作り置きされているから、新鮮さが失われ栄養価が低下している

さらに、ジュースは作り置きされています。

生野菜のジュースは消費期限がとても短く、放置すればするほど栄養価が失われてゆきます。

 

 

③野菜やフルーツ以外に水や糖が入っている

飲みやすくするために、水・氷を入れたり、中には加糖されていることがあります。

100%新鮮で天然な野菜や果物では作られていません。

 

 

 

駅中ジュースバーと比べてベジピアが選ばれる3つの理由

­ゆっくり丁寧に搾ったジュースだから栄養バツグン

ベジピアの生搾りジュースは、低速圧搾ジューサー(*1)を使用しています。

 

*1低速圧搾ジューサーとは、石臼で引き下ろすように、ゆっくりと回転させて、素材をすりつぶすジューサーのこと

 

ゆっくりと丁寧に絞られたジュースは

  • 飲みやすい
  • 栄養価が失われない
  • 消化吸収率が高い
  • 消化吸収時間が短い

などのいいところがたくさんあり、栄養価の高いジュースになります。

 

また、消化しにくい繊維質は取り除きますので、さらっとしたジュースで飲みやすいとともに、消化吸収率が極めて高く、また、消化時間がたいへん短くなるのです。

 

 

ベジピアのジュースは注文されてから作り始めます

あたりまえのことですが、ベジピアはジュースの取り置きを一切いたしません。

店頭でご注文があったと同時に、素材をカットし生搾りして、新鮮なジュースをご提供します。

 

その代わり、ご提供までにすこしだけお時間をいただいてしまいます。

 

 

 

素材100%で作った生搾りジュースです。素材以外何もいれません

ベジピアのジュースは、野菜やくだものの“素材だけ”で作られています。

水・氷・砂糖、添加物などは一切入れておりません。

 

正真正銘の「本物の野菜ジュース」をご提供するため、本物志向のあなたにおすすめしております。

 

 

 

名を捨てて実をとる、これがベジピアの考えです

最後にベジピアの想いをお伝えさせてください。

 

本物志向を大切にする、私たちは「名を捨てて実をとる」想いでお客様にジュースを提供しています。

 

昨今は、オシャレで“インスタ映え”するジュースがとても流行しています。

本来、ビジネス的な観点からすると、流行に乗ったジュースを作り、オシャレな店を構えて商品を提供するべきかもしれませんが、私たちの理念からは反してしまいます。

 

「名を捨てて実をとる」

 

オシャレなパッケージや、ボトル、かわいらしく華やかな色のジュース

 

 

この要素は本当に健康に必要でしょうか?

 

「自然の恵みで健康を届ける」をモットーにするベジピアは、見た目よりも中身にこだわった商品を提供してまいります。

 

-商品・サービス

Copyright© 生搾りジュース専門店Vegepeerブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.